住宅用火災警報器(火災報知器)・防災用品販売店・防災119/ここが違う!ホーチキの新無線連動方式 住宅用火災警報器(報知器)

  • 単独型火災警報器をご希望の方はこちら|格安2,932円(税込)
  • 緊急地震速報通報装置デジタルなまず|揺れる前に音声でお知らせ。
  • 災害用ポータブル水洗トイレ|食事はガマンできてもトイレはガマンできない。
  • 住宅用火災警報器の設置義務化
  • 都道県別の設置期限一覧
  • 火災警報器 性能比較表
  • ここが違う!ホーチキの新無線連動
  • あなたの疑問にお答えします 防災Q&A

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

火災警報器等販売店 > ここが違う!ホーチキの新無線連動方式 住宅用火災警報器(報知器)

ここが違う!ホーチキの新無線連動方式 住宅用火災警報器(報知器)

親子方式の無線式警報器とは違い、すべての警報器がネットワークを組み、無線で連動する方式。 親機と子機の区別がないので、どの警報器からでもかんたんにグループ登録が行えます。

グループ内の警報器がお互いを認識。
警報器同士が常に相互通信を行っているので故障や電池切れなどの場合も全ての警報器でお知らせします。

信方式のウィークポイントである信号漏れ。それを解消し高い信頼性を実現しました。
何らかの原因で火災発生元の一次通信が全ての警報器に直接届かなかった場合、信号を受け取った他の警報器がバックアップして、二次通信により確実にすべての警報器に信号を伝えます。

警報器間の信号到達距離は約100m※。
バックアップ通信機能の二次通信を使えばさらに約100m※延長され最大到達距離は何と約200m。障害物などがあってもらくらく迂回でき、離れた警報器どうしでも信号を送受信できます。

※ 障害物のない場所での水平見通し距離

好評のかんたん壁掛けできる従来デザインをそのまま採用。アンテナ内蔵にもかかわらず厚みを抑えたスッキリデザイン。お部屋の景観を損なわないよう配慮しました。


グループ登録もかんたん。専用の器具など必要ありません。音声ガイダンスにそって登録ボタンを押すだけでグループ登録ができます。追加で登録する場合もすでにグループになっているどれか一つの警報器と登録作業をするだけです。

たとえば2階の寝室で発生した火災も警報器を取り付けたすべての部屋にすばやくお知らせ。住宅性能表示制度の最高等級の火災安全性能です。

15台までグループ登録できるので、2世帯住宅をグループでまとめて監視することができます。

住宅と別棟の物置や離れなども一緒に監視したい…そのような場合でも無線式だからかんたん。バックアップ通信機能でより安心。

取付時に家族全員で警報音を確認しておきましょう。 もしもの時の避難経路を話し合っておくことも大切です。
ホーチキ住宅用火災警報器の特長
かんたん電源ON
電池セット不要のワンタッチ
かんたん取り付け
ピンやネジ一本でOK
約90dbの大音量警報音
確実にお知らせ
W警報
聞き取りやスイ―プオンと音声
段階鳴動機能
警報音が段階的に大きくなる
誤感知低減機能(煙式のみ)段階鳴動機能
業界初!部屋の環境に合わせてマイコンが学習する
自動試験機能
24時間故障を自動でお知らせ
長寿命10年タイプ
本体の取り換え時期まで電池交換不要
感度補正機能(煙式のみ)
感知部の汚れを自動で補正
夜間電池切れ遅延機能
夜間の電池切れ警報を防ぐ
警報停止機能
テストボタンで警報停止できる
自動復旧機能
自動的に監視状態に戻る
明るく大きな光でもお知らせ
ハニカムメッシュ(煙式のみ)
感知部の誇りや虫の侵入を防ぐ
住宅用火災警報器ご相談センター
専門のサポート体制
項目 仕様
火災感知方式 煙式(光電式2種) 熱式(低温式)
商品記号 SS-2LR SS-FK
型式番号 鑑住第21~36号 鑑住第21~37号
用途 住宅用(壁掛け・天井付け共用型)・屋内仕様
動作表示灯 赤色LED(火災時点滅)
警報音 連動元:2段階のスイープ音と音声「ピー・ピー・ピー・火事です。火事です。」
連動先:2段階のスイープ音と音声「ピー・ピー・ピー・別の警報器が作動しました。」
音圧・周波数特性 約90dB/m(当社測定値)・2~3.3KHz
警報停止 テストボタンと兼用
警報停止保持時間 約14分間
電源 リチウム電池(内蔵)
定格電圧 DC3V
電池寿命 約10年(電池寿命は使用条件によって異なります)
使用温度範囲 0~40℃(結露しないこと)
外形寸法 (W)100×(H)100×(D)46.7 (取付板使用時)
質量 約155g(電池、取付板含む) 約145g(電池、取付板含む)
生産国 日本
Q.無線連動ってなに?

A.警報器を無線でつなげて火災を監視する方法です。どれかひとつの警報器が火災を感知すれば、その信号が他の部屋に取り付けてあるすべての警報器に無線で送られ、火災発生をお知らせします。

Q.親子方式って?

A.親機を中心にして、それに子機がつながっている通信方式です。そのため親機を家の中心に置くなどの制約もあります。また親機が故障した場合などはグループすべての通信が途絶えてしまいます。

Q.となりのお宅も同じ警報器だけど連動しませんか?

A.連動することはありません。グループ登録により個々の警報器は区別されますので、電波到達距離内にあっても連動することはありません。また4チャンネルの周波数帯を持っているので、チャンネル分けをすれば同時に複数のグループ登録ができます。

Q.追加で増やすことはできますか?

A.1グループ15台までの範囲で追加ができます。取り付けてあるどの警報器からでもかんたんに追加登録が可能です。

Q.無線連動式の取付場所には決まりがありますか?

A.各市町村の条例に従って取り付けてください。階段なども取付場所の対象となります。

Q.防音室や地下室でも無線がつながるの?

A.コンクリートの壁で遮断された部屋などではつながらない場合があります。ご使用の際は実際の取付場所に取り付けて、必ず通信テストを行ってください。

親子の区別無く、どの警報器もきちんと動作し、より遠くまで届き、大きな音でお知らせできるのはホーチキの火災警報器だけ!BOSAI119はホーチキの新無線火災警報器をおすすめいたします!
  • 新無線連動式住宅用火災警報器
  • 単独型住宅用火災警報器